2chオカルト板・怖い話・洒落怖怪談の厳選まとめ

2chのオカルト板・怖い話・洒落怖の怪談などをまとめたブログです。怖い話を厳選して掲載。閲覧注意。

2012/12/17(月) 02:00:00

私が中3で、部活から帰ろうとしていた時の話です。

部活は吹奏楽部で、音楽室と視聴覚室で活動していました。

視聴覚室は音楽室のすぐ隣にあり、荷物置きと練習場として使っていました。

あの日、私は友達3人と一緒でした。

音楽室の戸締まりをしてから荷物をとりに視聴覚室へ行き、そこをでようとした時です。

ひと足先に視聴覚室にきて、私達を待っていた友達が、
『待って。私、あの人待ってなくちゃいけないから。』
と言うのです。

音楽室と視聴覚室がある場所は、本校舎から渡り廊下でつながっている”離れ校舎”の3F。
離れ校舎のすぐ裏は山がせまっていて、グラウンドは、本校舎の前面にあり、離れ校舎からはまったく見えません。

おまけに、時間が7時くらいだったので、私達以外にその場に人がいるはずはなかったのです。

ですから、私達ははじめ、その友達がからかってるのだと思って、さっさっと帰ろうとしました。

でも、その友達は何度も、真剣に
『待って。私、あの人待ってなくちゃいけないから。』
というのです。

私達は当然、『あの人』について、聞き出しました。

すると…、

友達が一人で視聴覚室にいると、真っ白な着物をきた髪の長い女の人が、さびしそうに、

『私と一緒にちょっとだけ付いてきてくれる?』

と、話し掛けてきたそうです。

あまりにも寂しそうだったので、一緒にいくと約束すると、その女の人は何度も何度も、

『本当に?』

と言って、今度は嬉しそうに

『準備してくるから、絶対に待っててね』

といって、視聴覚室からでていき、それからすぐに私達がきたそうです。